スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
色を正確に伝達・表示する方法
自分がイメージした色を、相手に伝える場合、正確な色を伝えることは、難しく
ある特定の色を正確に伝達したり、表示したりする際には、
色を、記号や数値に置き換えて、客観的に表現することが必要になります。

そして、色を、記号や数値に置き換えるためには、多くの人が共通で使用する
色のものさし」が必要になります。

色を表現するための、「色のものさし」は、3種類あり、
色相彩度明度を組み合わせることにより、色を正確に表現できるようになります。

また、この色相・彩度・明度は、「色の三属性」とも呼ばれています。
posted by: yocco | [3級] 色の表示 | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
色の分類
色(色彩)は、大きく以下の2つに分けることができます。

無彩色
白、黒、灰色などの「色み」を持たない色のこと。

有彩色
赤や黄、青など
白、黒、灰色以外の「色み」を持った色のこと。
posted by: yocco | [3級] 色の表示 | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
色の三属性
色を記録・表示する為には、多くの人が共通して理解できる
「色のものさし」が必要になります。
代表的な方法として、以下の分類方法を、色の三属性と呼んでいます。

色相
色を分類する際に、赤み、黄み、緑み、青みといった「色みの性質」でわけること。
「色あい」とも呼ばれる。

明度
色の明るさのこと。

高明度 … 明るい色
中明度 … 明るくも暗くもない色
低明度 … 暗い色

彩度
色の鮮やかさのこと。
ある特定の色(赤や青、黄色など)に対して、同明度の灰色を
割合を変えて混色すると考えるとわかりやすいでしょう。

高彩度色 … 鮮やかな色
中彩度色 … ややくすんだ色
低彩度色 … 色みがすくない色


また、有彩色は、色の三属性を使って表すことができますが、
色みのない無彩色には明度しか存在しません。

有彩色と無彩色、色の三属性
posted by: yocco | [3級] 色の表示 | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
色相 (色相環)
色あいのことを、「色相」と呼びます。

色相の違いは、虹(スペクトル)という光の色の変化に見ることができます。
これらの色は、赤→橙→黄→緑→青→藍→青紫と変化し、多くの色が含まれています。

スペクトル

虹(スペクトル)の中には、紫、赤紫は含まれていません。
これらの色を補って、虹の両端を丸くつないで輪にすると、
全ての色相が、連続して変化して見える輪ができます。
これを、色相環 と呼びます。

色相環
posted by: yocco | [3級] 色の表示 | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
明度
色の三属性の中で、色の明るさの度合いのことを、明度と呼びます。

明度の違いを言葉を使って表現する時は、以下の3つに分けられます。

高明度 … 明るい色
中明度 … 明るくも暗くもない色
低明度 … 暗い色

グレースケール

明度は、基準となる 明度スケール(グレイスケール)によって、測ることができます。
posted by: yocco | [3級] 色の表示 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
彩度
色みの強さや、色の鮮やかさの度合いのことを、彩度と呼びます。

下記の3色は、色相、明度は一緒ですが、彩度が異なっています。
3つの色の違いは、同じ明度の灰色を、割合を加えて混色したと考えるとわかりやすいです。

左側から彩度が高く、右側は彩度が低くなっています。

彩度

高彩度色 … 鮮やかな色
中彩度色 … ややくすんだ色
低彩度色 … 色みがすくない色

また、彩度の無い色は、無彩色になります。
posted by: yocco | [3級] 色の表示 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
色の三属性(まとめ)
色の三属性についてのまとめ。

色の三属性

元の色に、白を加えていくと、明度が高くなる。
元の色に、黒を加えていくと、明度が低くなる。
元の色に、灰色(元の色と同じ明度)を加えていくと、
明度は変わらず、彩度のみが低くなる。

※ここでは、青系の色あいを使用している為、色相に関しては省略する。
posted by: yocco | [3級] 色の表示 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
有彩色の分類
有彩色は、さらに以下に分類することができます。

純色
赤や青などの有彩色の各色相の中で、最も鮮やかな(最も彩度が高い)色のこと。

清色
 明清色
 純色に、白だけを混ぜ合わせた色のこと。

 暗清色
 純色に、黒だけを混ぜ合わせた色のこと。

中間色
純色に、灰色を加えた色のこと。
濁った感じの色になるため、濁色とも呼ばれます。
posted by: yocco | [3級] 色の表示 | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
等色相面
以下の図には、赤の色相の明度と彩度の変化が表されています。
このような、同じ色相をひとつの面として表示したものを、等色相面 といいます。

等色相面

ここでは、縦の並びが明度の変化、横の並びが彩度の変化になっています。
このような等色相面は、色相ごとに作ることができます。
posted by: yocco | [3級] 色の表示 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
色立体
色相・明度・彩度の三要素を平面で表そうとすると、
等色相面のように、2つの要素でしか表すことができません。

3つ全てを表すには、三次元で示す必要があります。

色立体

中心軸(白→黒の無彩色軸)を設定し、
この中心軸のまわりに、色相環(有彩色)が並んでいます。
彩度は、中心軸からの水平距離で表されます。

中心軸からある一定の方向にある色は、色相が等しく
中心軸に近いほど、彩度が低くなります。

このように、三次元での色の変化を表示したものが色立体です。
posted by: yocco | [3級] 色の表示 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |